危険回避の機能が気になりますね

車を買い替えたわけですが、危険回避の機能ってやっぱり気になりますね。

自動的にブレーキがかかるってすごい仕組みですが、万に一つの危険時に自動でブレーキがかかってくれるのって心強い機能です。

ただ、ざっと調べた所では、割りと高めの車に搭載されている機能であることは否めないですね。

仕組みとしてはいくつかあるようで、ミリ波を使うもの、赤外線を使うもの、カメラを使うものがあるみたいです。いくつかを併用している車もあります。

それぞれの機能には特徴があるのですが、簡単にまとめるとこんな感じです。

<ミリ波>
先の方にある物体でも検知できるので、障害物への精度は高いそうです。天候にもあまり影響を受けないなど高性能ですが、その分コストがかかるのがネックです。高級車用ですね。

<赤外線>
数十メートル先までしか検知できません。その為、時速30km以上だと回避まではできないようですね。でもきっと何も無いよりは事故の度合いを軽減してくれそうです。コストも安く実現できる機能です。

<カメラ>
悪天候に弱いみたいですが、レーダーではなくて画像を認識するので、安く実現できる割に性能がよいそうです。形状で判断するので、人間の形なども認識できるようですし、それが動いているということも認識できるみたいです。

いずれにしても、自動ブレーキの機能は主に”それなり”の高級車に搭載される機能かと思います。

そんな中、日産のデイズなんかは多少は安いかなと思います。安いと言っても軽自動車で100万円超えですからそれなりにはしますけど。

昔は軽自動車ってもっと安かった気がするのですが、最近は人気があるからか意外と高いですよね。

今度車を買い換えるときは、こういう安全性の高い車を選びたいと思います。